カテゴリー
めがね(子供)

本を読まないんじゃなくて読めないんです

良い視力で
本を読まないお子様
読まないんじゃなくて
読めないんです

視力がいいから
いい目と思われています
でも実は
見るためにとても力を使って見ないと
ぼやけたり、
2つにダブって見えたりして
見えない目の人があります
常に力を入れ続けていないと
見ることができないので
体調の良いときは見えるのですが
疲れてくると見えなくなります
本も読みたくないです
本を読まないんじゃなくて
見ることがしんどいから
読めない
もしかして
あなたのお子様が本を読まないのなら
目に何かの原因が隠れているのかも知れません
特徴として
落ち着きなく動き回ったり
集中できなかったり
漢字が苦手だったりします
視力だけではわからないことです
目の見る機能を色々と調べてみて
適切な度数を入れることで
疲れることなく見えるようになってくれます
適切な眼鏡のご利用で
見違えるように勉強し始めてくれますよ

この電子書籍、わかりやすくてオススメです
読んでみられるといいです。
↓ ↓ ↓

amazon kindle 本を読む

もし
気になるようなことがありましたら
こちらからご相談いただけます
コロナ対策で、3蜜を避けて、
安心してお越しいただくため、
予約制にしています。
ご予約はこちらからどうぞ
↓ ↓
TEL
(0796)22-3409
EYES(アイズ)
山口
TALEX プロショップ EYES(アイズ)
大学病院で斜視・弱視の子供の
研修経験ある
SS級認定眼鏡士  山口竜徳、

作成者: eyes

車とバイクの運転が大好きで
きれいな景色を見るのが好きな
眼鏡店オーナーが
【見やすく・疲れず・快適で安全】に
運転をお楽しみいただけるメガネの話をしています

大学病院での研修経験を生かして
見ることの苦手なお子様の眼鏡で
学力アップのお話もしています

https://www.eyesglass.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 3 =