目と眼鏡の豆知識メニュー

眼鏡の出来るまで

認定眼鏡士

見えにくくなる訳と予防法

サングラスの必要性

あなたに最適な眼鏡レンズとは

目をいたわるコンタクトレンズの使い方

ほんとうのサングラス
TALEX(タレックス)

大人の上質なファッションを提案

サングラス・眼鏡ショップ EYES (アイズ)


営業時間 9:00am 〜 7:00pm  日曜定休
EYES TOPページ 目と眼鏡・コンタクトレンズ
のお勉強会
月刊 一口豆知識 店主のつぶやき
blog(ブログ)
マスコミ
掲載内容
TALEX(タレックス)仕様 眼鏡フレーム 眼鏡協会リンク 当店紹介 ご質問


見えにくくなるわけと予防法
          眼鏡との上手なつきあい方



視力1.0を基準にしてそれより悪いと目が悪いと言われますが、裸眼で見えなくても、メガネ またはコンタクトレンズを使用して見えるようになれば問題ないです。
屈折異常といって、角膜(黒目)のカーブの異常または、眼軸(目の玉の大 きさ)の違いによるもので 別に病気ではありませんので気にされることはありません。
屈折異常の種類として、 近視遠視乱視 があり、老化現象の一つとして 老視 があります。
  • 近視

    角膜(黒目)のカーブが強い、又は眼軸が長い(目の玉が大きい)ため網膜( 目の奥の光が集まるところ)より手前に焦点が出来てしまうので、ぼやけて見え ます。
    遠くの物はぼやけて見えますが、近くの物ははっきりと見えます。
    メガネまたはコンタクトレンズで遠くの物をハッキリ見えるように合わせます 。
    度数のゆるいうちは、回復することもありますが、ある程度進みますと一生メ ガネとつきあって頂くことになるでしょう。

    メガネなしで日常生活に差し支えなければ、必要なときだけメガネを使ってい ただき、強くなるにに従って常用して頂ければいいです。
    しっかりと測定してしっかりと作ったメガネですと、掛けたり外したりして目 が悪くなるとゆうことはありません。
    近視の進行は25歳位でおちつきますが、どうしても学生の間は進行が早いで す。
    又、最近はコンピュータやテレビ・ゲームなど目に悪い物が日常生活に入り込 んでおりますので25歳を過ぎても悪化します。
    後述の、 目を悪くしない為に を参考にして下さい。
  • 遠視

    角膜(黒目)のカーブがゆるい、又は眼軸が短い(目の玉が小さい)ため網膜 (目の奥の光が集まるところ)の奥に焦点が出来てしまい、ぼやけてしまいます 。
    度数のゆるいうちは遠くは、見えすぎるほどよく見え、近くも問題なく見えま すので、ご本人は目がいいと自信をもっておられますが、常に見よう見ようと目 が働いているため、非常に疲れやすい目です。
    根気がないとか、肩が凝るとかの症状がでることがあります。
    メガネを合わせることによって楽になることもあります。
    度数が強くなってくるに従い、まだ若いのに近くの作業をすると目がかすんで くるとか、長距離ドライブするとすっごく疲れるとか感じます。
    さらに度数が強いと、遠くも近くも両方ハッキリ見えないとゆう目です。
    いずれもメガネ、またはコンタクトレンズで矯正されますとハッキリと見える ようになり、体の疲れも楽になります。

    • *注
      幼児の場合、他の子と比較して目が異様に内側によってると感じられましたら 、すぐに子供病院、または眼科さんで診察を受けて下さい。
      子供は遊びを通じて、視力&遠近感をやしなっていきますが、視力は6歳位ま でで確立してしまいます。
      前述のように、遠視の場合はどこにもピントが合いませんので、視機能が発達 しない可能性があります。
      遠視と診断されましたら、メガネを合わせて視機能の訓練をされます。
      その際、子供がいやがっても絶対にメガネを常に掛けさせて下さい。
  • 乱 視

    角膜(黒目)がいびつに変形してる為、どこにも焦点が合わず、ぼやけて見え ます。
    度数のゆるいうちは、水晶体(ピントを合わせるところ)で調節しますので、 遠くも近くも両方見えますが、先ほどの遠視同様、常に見よう見ようと目が働き ますので非常に疲れやすい目です。
    度数が強くなってくるに従い、遠くも近くも両方ぼやけて見えます。
    メガネを掛けることによってハッキリ見えるようになりますが、完全に合わせ るとしんどい為、極力ゆるめに合わせます。
    ゆるい乱視はたいていの方が持ってられますし、年とともに出てくるようです 。
    種類として、単性乱視(乱視のみ)と近視性乱視と遠視性乱視があります。
     又、メガネで合わせられる乱視と、コンタクトレンズでしか合わせられない 不正乱視があります。

  • 眼位異常

    固視点(網膜にピントの合う位置)がずれてる斜視・目がすこし上下左右にず れてる(斜位)があります。
    物がだぶって見える、又は疲れてくると物が2重になる等、非常に不快な思い をっする目です。
    斜位の場合、度数にもよりますが、プリズムを計算してメガネで矯正出来ます が、測定技術が必要です。
  • 老視

    水晶体とゆう所で、遠くの物を見るときは力を抜いて、近くの物を見るときは グッと力を入れてピント合わせを行っていますが、年とともに体力が衰え、スム ースにピント合わせが出来なくなり、近くの物がぼやけてしまう現象です。
    新聞とか本の細かい文字が見えにくいとか、長時間読書や作業をするとぼやけ てくる、目がかすむ疲れる等の症状になります。
    40歳を過ぎられますと、この症状が出てきます。
    きっちり合わせたメガネを掛けて頂くことによって、楽に見えるようになりま す。
    メガネを掛けたから度が進むとゆうことはありません。
    度は70歳位まで進みますが、やはり最初のうちは度の進行が早いです。
    又、見えにくいのを我慢して頑張ってこられた方も進行が早いです。
    老視の場合、他人のメガネを譲り受けることがよくありますが、人の目と自分 の目は違いますのでレンズだけでも交換して、キッチリと合わせてください。
    使い方によっては非常に目を悪くしますので、後述の  目を悪くしない為に をご覧下さい。


  • 大人の場合の注意事項

    • 遠くの物やテレビが見えにくい
      一般的には 近視 と思われておりますが、 遠視乱視 の場合も見えにくくなります
      遠視や乱視の場合は非常に疲れやすいので、メガネかコンタクトレンズを合わ せられることを、お薦めします。
      テレビはメガネをかけて、出来るだけ離れて見るよう心がけて下さい。

    • 近くの物(新聞・本)が見えにくい
      ”ついにきたか”と思われる年代の方はそうです。 残念ですが、 老視 の始まりです。
      我慢しても疲れるだけですので、メガネを掛けて楽になって下さい。仕事もは かどりますヨ。

      但し、若いうちは度が進みやすい時ですので、くれぐれも強いメガネは掛けな いようにお願いします。
      又、老眼は掛けたまま動き回られますと、度の進行を早めますので、近くの物 を見るときだけ使用されますようご注意下さい。
      最近は、境目のない遠近両用メガネも改良され、軽度の場合あまり違和感を感 じずに掛けられるようになってきました。

      老眼にはまだ早いのになぜ??” と思われる方は 遠視 が考えられます。
      昔は遠くの物がすごくよく見えてられたと思います。
      ご自身では感じてられないと思いますが、今はゆうほど見えてないはずです。
      物を見るのに常に力を入れて見る目ですので、体力の衰えとともに、近くの方 から見えにくくなってしまいます。
      遠く用(普段掛けるメガネ)を作っていただけば、遠くは今よりハッキリと、 近くもなんなく見えるようになり、目の疲れも楽になります。


  • 学生の注意事項

    近視が圧倒的に多いのですが、遠視の方もありますので分けて説明します。

    • 遠視  の方
      疲れやすい目ですので、とにかくずっとメガネを掛けるように心がけて下さい
      遠くも近くも両方、楽に見えるようになります。

    • 近視  の方
      今が一番度数の進みやすい時です。
      メガネなしでの視力が 0.6 以上ある方は必要なときだけメガネをご使用下さ い。 普段は掛けて頂く必要はありません。
      視力が 0.6 以下の方は日常生活に差し支えると思いますので常用をお薦めし ます。
      特にテレビは、メガネを掛けて出来る限り離れて見て下さい。
      パソコンやテレビゲームは目を悪くしますので、一時間ほどに一度は目を休め て(遠くの景色を見る等)下さい。
      又、机に向かって勉強する時や、読書する時は以前作られたゆるいメガネがあ ればそれを使用されますと近視の進行を抑えることができます。


  • 子供の注意事項

    • 遠視の方
      とにかく常にメガネを掛けさせて下さい。
      遠視のお子さんは物がハッキリと見えておりません。
      子供さんの場合、遊びの中で視力 及び 遠近感 が養われます。
      視力は6歳位までで確立されますので、それまでに視力が出るように訓練する 必要があります。
      又、遠近感をやしなう為の両眼視機能の訓練にもなりますので、子供さんがい やがってもしっかり常用させて下さい。

    • 近視の方
      出来る限り進行を抑えたいものです。
      ・テレビはメガネを掛けて極力離れて見る。
      テレビゲームはほどほどに。
       (ほっとくといつまででもしてます。目にはとっても悪いです)
        一時間すれば必ず目を休めて下さい(遠くの景色を見る等)
      ・好き嫌い無く何でも食べるようにする。 特にビタミンAを含む食品を多く とる
       (バター・卵・ニンジン・チーズ・バナナ・レバー・緑黄野菜etc)
      以上を気をつけて頂きますとある程度近視の進行を抑えられます。


  • 目を悪くしないために!

    • テレビはメガネを掛けて出来るだけ離れて見て下さい。
    • テレビゲームは、1時間すると20分位休憩をとって下さい。
      (出来れば、遠くの景色を見て目をやすめましょう。)
      コンピュータも一緒です!
    • 読書するときは明かりをしっかりとって下さい。
    • 姿勢を正しくして下さい。
    • 自分に合ったメガネを使用する。
    • 近視の方は、読書とか勉強される時は以前使用されていました古いメガネをご 使用いただきますといいです。
    • 遠視の方は常にメガネを掛けて下さい。
    • 老眼鏡を掛けたまま動き回らないようにして下さい。
      (極端に度の進行を早めますので、読書・近業作業のみでご使用下さい)
    • ビタミンAを含む食品を多くとって下さい。
      (バター・卵・ニンジン・チーズ・バナナ・レバー・緑黄野菜 etc)
    • 変形したメガネは度数が変化しますので、メガネやさんで直してもらって下さ い。
    • 傷の付いたレンズも目を悪くしますので、早めに入れ替えましょう。
 
       



EYES TOPページ    目と眼鏡・コンタクトレンズのお勉強会    月刊 一口豆知識    店主のつぶやきblog(ブログ)    マスコミ掲載内容
TALEX(タレックス)仕様        眼鏡フレーム          眼鏡協会リンク          当店紹介               ご質問